ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

書評

研究員お勧めの書籍を独自の視点で紹介

研究者という職業 :評者:日立総合計画研究所 黒田知幸

2006年1月18日

「研究者集団」という組織

最近著者と直接話す機会があったので、その感想も含めて記憶が新しいうちに書評に記しておこうと思う。耳の痛い話ばかりだ・・・と思う。
その時、林先生から「LEARN」、「STUDY」、「RESEARCH」についての講義を直接聴くことができた。最近、とんと無神経になっている自分を、まるで見透かして、見限るかのように、右上段からバッサリやられた。この本によると、自分は既に研究者ではないようだ。本書は、この基本的なコンセプトに関する事項がそこかしこに散らばっている。本書はある意味で読み手を選ぶのかもしれない。なぜ、著者が本書を残そうとされたのか、興味がある方とぜひ議論したいと思う。

さて、今回の書評のテーマは「組織」であるが、この著書は「研究者集団」という組織を構成する人材の資質・適性と、組織における位置付けに言及している。言い換えれば「研究者の生き方」について論じているので、テーマの範疇に属するものとして今回紹介することとした。

まず、著者が取りあげている対語を2つ程紹介しよう。

その1:「研究者」と「学者」

著者は、研究者を「自身の身体を積極的に動かして、研究という知的な仕事に直接的にぶつかってゆく仕事師」と定義している。そして、これを英語で表現するとResearch Workerとなり、イメージがピッタリと重なる。自分はWorkerなのだと再認識する。言い換えれば、研究者は、職業として各種の研究活動に従事する人となる。詳細と「学者」については、第I部第2章を参照戴きたい。

その2:「プロ」と「アマ」

第II部第1章の冒頭から、著者は「プロ」と「アマ」の違いについて言及している。とても面白い表現があるので紹介しようと思う。「上手になるほどお金を稼ぐことのできる者」が「プロ」で、逆に「上手になればなるほど、出費が嵩む者」が「アマ」と呼んで区別できるのではないか、と示唆している。また、「プロ」は、決してタダで働いてはいけない。そして、「アマ」はアマチュア芸で決してお金を受け取ってはいけないと記している。「アマ」はあくまでも無報酬のボランティアに終始しなければならない。そうでなければ、「プロ」に転向するべきだとしている。「プロ」に転向すると、その発言に「責任」が生じ、信頼を失えば、同時に「職」を失うことになる。「プロ」とは厳しい世界だ。当然のことながら、著者の言う「研究者」は「プロの研究者」を指している。
この部分についてはまったく著者に同感であり、読んでいるうちに「アマ」とは「わがまま」が訛ったのかなどと、善からぬ発想をしてしまう。

本書の中に、特に興味を引く小題がある。例えば、「研究者は管理職に就くことを望むな」、「研究者に定年はない」、「ボンヤリしている人に『閃き』は訪れない」などがある。第III部第6章「研究の過程、成果の発表の内容」では、あたかもゼミで尊敬する教官から伝承されるような事項が記載されており、研究者の姿勢を再認識させられる。

本書には、「コンサルタント」という単語は出てこないが、「プロの研究者」と「プロのコンサルタント」は近いコンセプトだと思う。両者とも「アマ」が容易に存在する点は、全くの共通事項だ。
また、本著の後半に「研究者集団が、外向けに情報を発信する場合、専門外の人たちに、自分の関わっている物事を、判り易く興味深く話すことは極めて大事なことだが、それにはやはりそれなりのコミュニケーション技量と工夫が必要で、誰にでもそれに巧くを期待することはできない。我が国の研究者達には、とりわけそういった努力が欠けていると思う」と書かれている。これは、研究者としてのプロ意識の欠落を指摘しているのであろう。この点も「コンサルタント」の資質に共通する事項である。

最後に著者のメッセージとして、次の一文を伝えたい。
「研究者は、自分で深く知恵を絞って考え、自分で知恵を働かせて研究上の本質的な問題を探すことにもっともっと多くの力を注ぐべきだ。」
本当に共感するメッセージである。第3章は、著者の経験を通じてこの課題に触れている。これが出来なければ、研究者という仕事から離れるべきだと思う。

この本を読むと、「研究者」を職業とすることがとても大変で、「プロの研究者」になるには、素質に加えて自分には適性がないのではないかと考えてしまう。自身の職業を考える良い機会を与えてくれる良書に違いない。

バックナンバー

人材覚醒経済

2017年11月14日

「残業ゼロ」の仕事力

2015年03月12日

機械との競争

2014年01月23日

2020年のブラジル経済

2013年04月04日

TPP参加という決断

2012年03月28日

事実に基づいた経営

2011年03月30日

イノベーションを興す

2010年10月21日

不況学の現在

2010年04月16日

Ambient Intelligence

2009年03月03日

リスク

2009年01月11日

現代の金融政策

2008年08月01日

未来をつくる資本主義

2008年06月22日

Green to Gold

2008年02月14日

日本人の足を速くする

2007年09月12日

ホワイトアウト

2007年05月02日

マネー・ボール

2007年04月09日

不都合な真実

2007年03月25日

Our Iceberg Is Melting

2007年01月11日

第三の時効

2006年12月22日

会社は誰のために

2006年11月29日

新訂 孫子

2006年09月08日

君主論

2006年08月08日

サムスンの研究

2006年07月24日

CIAは何をしていた?

2006年05月29日

失敗学のすすめ

2006年05月15日

ホンネで動かす組織論

2006年05月10日

実行力不全

2006年04月25日

闇先案内人

2006年02月22日

研究者という職業

2006年01月18日

組織の盛衰

2005年11月03日