ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

書評

研究員お勧めの書籍を独自の視点で紹介

会社はこれからどうなるのか :評者:日立総合計画研究所 林寛之

2006年10月30日

ヒトこそが競争力−色褪せぬ人本主義

本書は、「本当に強い会社とは、社員一人一人が活きる会社」をテーマに、会社が競争に勝ち残るためのヒントを数多く与えてくれる。

筆者は、会社を買収して事業を補完したり、ヘッドハンティングで登用した外部人材に経営を任せることは、その会社の将来を必ずしも保障するものではない、と主張する。企業買収や外部人材の登用が珍しくない現代において、なぜそうなのか。筆者は、資本主義の歴史を紐解きながら解説する。世界最古の資本主義は、二つの市場の間に生じた製品の価格差から利益を得た商業資本主義、すなわち貿易であった。近代になり、産業革命を契機に広まった産業資本主義では、安いコストで良いモノを大量に生産することで会社は利益を上げた。これら二つの資本主義に共通なのは、モノを機軸に会社が成り立っていたということだ。しかし、現代では技術革新をひとつの契機として、新規参入企業であってもトップ企業とさほど変わらぬ機能の製品を短期間に作ることが可能となり、企業の競合環境はますます厳しさを増したと筆者は分析する。そのような環境で、企業が競争に勝ち残るには「たえず変化していく環境の中で、自社のあらゆる手腕を結集し、市場を驚かす差異あるモノを迅速に作りだしていくことのできる組織全体の能力」を磨くことが、必須条件になったとみる。

筆者の分析によれば、会社は現在二つの大きな困難に直面している。第一の困難は「圧倒的な技術力を持っていても、いつ他社に追い抜かれても不思議ではない」厳しい競合環境であり、もうひとつが「いつなんどき消費者の嗜好が変わって自社のモノが売れなくなるか分からない」市場の変化である。そして、会社がこれらの困難を乗り越えるには、自らの会社の歴史、文化、伝統や強み弱みをはじめ、組織のあらゆる側面を知悉し、最適な戦略を見出すのことのできる経験と実績を持った社員を活かすことだと筆者は指摘する。これには疑問を抱く人もいるだろう。「このような目まぐるしく環境が変化する時代だからこそ、有望な会社を買収したり、外部人材を登用することで会社を成長させることができるのではないか」と。現実にM&A市場は活況を呈し、中途採用やヘッドハンティングによる外部人材の登用は盛んである。しかし、会社が競争に勝ち残るには外部人材の登用だけでは充分ではないと筆者は考える。例えば、ヘッドハンティングで日系メーカのトップに就任した人物が、その会社のことを良く知り、経験と実績も豊かな社員を補佐役にすることは多い。また、有名なコンサルティング会社に経営の指南を仰いだ会社が、戦略策定段階では役に立ったコンサルタントに対して、戦略の実行段階では経験や知見の不足に失望することは珍しくない。これは、社内で改革を実行する上で直面する様々な隘路については、その会社での経験が浅い人は、実行性のある提案や計画の立案に不向きな場合が少なくないからだ。

本書の後段で筆者は、昨今話題にのぼっている株主資本主義を例に挙げ、「そもそも会社は誰のものか」と読者に問いかける。これは株主と社員の対立を浮かび上がらせるためではなく、どのような人物が会社の将来を背負うにふさわしいかを問うたものだ。会社には、カネでは買えないヒトという資産に帰属する経験やノウハウが蓄積されている。経営のあらゆる側面において、社員一人一人を資産として十全に活かせる会社が本当に強い会社であり、厳しい競争にも勝ち残ることができると筆者は締めくくる。読後、私は「自らの会社の生きる道は自らで考えるもの」という思いを強くした。

バックナンバー

人材覚醒経済

2017年11月14日

「残業ゼロ」の仕事力

2015年03月12日

機械との競争

2014年01月23日

2020年のブラジル経済

2013年04月04日

TPP参加という決断

2012年03月28日

事実に基づいた経営

2011年03月30日

イノベーションを興す

2010年10月21日

不況学の現在

2010年04月16日

Ambient Intelligence

2009年03月03日

リスク

2009年01月11日

現代の金融政策

2008年08月01日

未来をつくる資本主義

2008年06月22日

Green to Gold

2008年02月14日

日本人の足を速くする

2007年09月12日

ホワイトアウト

2007年05月02日

マネー・ボール

2007年04月09日

不都合な真実

2007年03月25日

Our Iceberg Is Melting

2007年01月11日

第三の時効

2006年12月22日

会社は誰のために

2006年11月29日

新訂 孫子

2006年09月08日

君主論

2006年08月08日

サムスンの研究

2006年07月24日

CIAは何をしていた?

2006年05月29日

失敗学のすすめ

2006年05月15日

ホンネで動かす組織論

2006年05月10日

実行力不全

2006年04月25日

闇先案内人

2006年02月22日

研究者という職業

2006年01月18日

組織の盛衰

2005年11月03日