ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

書評

研究員お勧めの書籍を独自の視点で紹介

社会調査のウソ:リサーチ・リテラシーのすすめ :評者:日立総合計画研究所 塩田光男

2007年8月15日

研究員に対する挑戦状

本書は社会調査にかかわる研究員に対する挑戦状と思う。
"世の中に蔓延している「社会調査」の過半数はゴミである"とカバーの袖に。冒頭の第一文"この本は少々過激な内容である"で始まり、後書き最後の一文は"この本でどれくらいの人が怒ったか、次は聞き取り調査でもやってみましょうかな、と"終わる。ネットを検索してみると、確かに怒った人たちがいる。挑戦的な本である。

「一番人気はカーター氏/歴代大統領/米紙が調査」(「朝日新聞」1991年11月6日)といった「社会調査」とその報道のどこがおかしいのか、例を挙げて説明していく。説明しているというよりもののしっている部分も含め、面白くすらすら読める。「印象操作」「見せかけの相関」「サンプリングにおけるバイアス」などおかしな調査の類型が示されており、一読しておくとおかしな調査を見抜くのに役に立つ。メディアを盲信するな、というメディア・リテラシー啓蒙(けいもう)書としてお薦めできる。

一方、シンクタンクの研究員としての立場からは、おかしな調査を垂れ流さない自戒のための留意点としても読める。かつて、ある時系列データの説明変数探しに、たくさんの変数候補の中から2、3の組み合わせによる重回帰分析を繰り返し、最もフィットが良い組み合わせを自動的に選び出すプログラムを使ったことがある。それから後付けで「風が吹けば桶屋がもうかる」式の因果関係説明を取って付けた。格好良く言えば、データマイニング的手法を使ったとも言えるが、「見せかけの相関」を見いだしただけの可能性の方がはるかに高い。"時間軸を分析に加える時は、見せかけの相関にくれぐれも気をつけよう"という一文は耳に痛い。

2000年6月2日に第一刷が発行された本だけに、例に挙げられている新聞記事はやや古い。しかし、最近の新聞記事をちらっと見ただけでも、「自殺前8割が相談せず/死亡の9割未遂歴なし/対策へ分析急務/厚労省、遺族や未遂者調査」(「朝日新聞」2007年4月22日朝刊一面)と出てくる。どうして、そんなことが分かったのか!?

研究員には特に一読を勧めたい。

バックナンバー

人材覚醒経済

2017年11月14日

「残業ゼロ」の仕事力

2015年03月12日

機械との競争

2014年01月23日

2020年のブラジル経済

2013年04月04日

TPP参加という決断

2012年03月28日

事実に基づいた経営

2011年03月30日

イノベーションを興す

2010年10月21日

不況学の現在

2010年04月16日

Ambient Intelligence

2009年03月03日

リスク

2009年01月11日

現代の金融政策

2008年08月01日

未来をつくる資本主義

2008年06月22日

Green to Gold

2008年02月14日

日本人の足を速くする

2007年09月12日

ホワイトアウト

2007年05月02日

マネー・ボール

2007年04月09日

不都合な真実

2007年03月25日

Our Iceberg Is Melting

2007年01月11日

第三の時効

2006年12月22日

会社は誰のために

2006年11月29日

新訂 孫子

2006年09月08日

君主論

2006年08月08日

サムスンの研究

2006年07月24日

CIAは何をしていた?

2006年05月29日

失敗学のすすめ

2006年05月15日

ホンネで動かす組織論

2006年05月10日

実行力不全

2006年04月25日

闇先案内人

2006年02月22日

研究者という職業

2006年01月18日

組織の盛衰

2005年11月03日