ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

機関誌「日立総研」

世界の経済・社会・市場をめぐるトピックスについて社内外識者が分析した最新論文、対論を掲載

Vol.10-3(2015年11月)

【特集】COP21 を通じた主要国の環境政策の行方

巻頭言
日本語と予定調和

対論
COP21までの地球温暖化問題に関する歴史と今後の行方−米中の動向を中心に−
亀山 康子 氏

日立総研レポート
COP21から見た日本のエネルギー政策の方向性
研究第二部 主任研究員 吉井 英生

寄稿
COP21までの地球温暖化問題に関する歴史と今後の行方−米中の動向を中心に−
国立研究開発法人国立環境研究所 室長 亀山 康子

COP21にいたる地球温暖化交渉の経緯と今後の行方−欧州の動向および日本の取るべき戦略−
東京大学公共政策大学院教授 有馬 純

Emerging markets in a post-COP21 world
Divya Reddy, Director, Global Energy & Natural Resources, Eurasia Group

Putting a Price on Carbon, an accelerated momentum ahead of the Paris negotiations
Thomas Kerr, Principal Industry Specialist, IFC Climate Policy team

Voice from the Business Frontier
東南アジアの環境問題解決に貢献する日立の取り組み
日立アジア社 Director 佐藤 亜紀

研究紹介
AI がもたらす経済・産業革新

先端文献ウォッチ
“Financing African Infrastructure -Can the World Deliver?-”
A Study of the Global Economy and Development program at the Brookings Institution

バックナンバー