ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

キーワード

「旬」なキーワードについての研究員解説

ICタグ

所属部署:経営システムグループ
氏名:山中 敦志

ICタグとは

ICタグはご存じの通りデータを記録しておく小さなICチップと無線通信用のアンテナを組み合わせた小型装置です。リーダー/ライターと呼ばれる装置と無線通信することによりデータの読み書きができます。さまざまなアプリケーションへの適用が検討されており、実証実験のフェーズから実務適用のフェーズへの移行時期に来ていると考えられます。

ICタグへの導入インセンティブと課題

ICタグへのニーズは多岐にわたる業界に存在しています。例えば、製造履歴のトレースフォワード/バックが可能となるトレーサビリティへの適用は食品業界・自動車業界・医療業界で、店頭で陳列している製品にICタグを添付し消費者購買行動を分析するといったマーケティングへの適用は、流通・小売業界で多く見られます。また、生産効率の改善を目的とした事例は、業界を問わずすべての製造現場で見ることができます。
普及度合いも業界や適用分野によって異なります。導入インセンティブが高く、かつ導入時における課題が少ない分野から実用化が進展していくと思われます。例えば昨今の食の安全に対するニーズは食品業界での普及を後押しする要因となっていくでしょう。一方で、製造現場での生産効率改善ニーズは高いものの、読み取り精度やコストなどの課題により普及にはまだ時間がかかると思われます。

ICタグを用いたアプリケーションの多様化

最近は上記以外にもICタグのアプリケーションが多様化している現象が見られます。
現在日立製作所および日立総研では、経済産業省より委託を受け、「アセットベーストファイナンス事業」について調査をしています。アセットベーストファイナンスとは、企業の動産(棚卸資産や売掛金など)を担保とした融資スキームです。当スキームにおいては、貸し手である金融機関は借り手である中小企業の動産担保を常にモニタリングする必要があり、モニタリングツールとしてICタグの活用が想定されています。貸し手である金融機関は、財務情報以外の生産活動情報(在庫の回転率や歩留まり率などの情報)が捕捉・分析できるようになるので、与信精度の向上というメリットを享受することができます。このように、従来の物流情報の捕捉、マーケティング戦略への応用、生産効率の改善といった利用目的だけではなく、新たな金融サービス実現のための重要なツールの一つとしての活用事例は、ICタグのアプリケーションの多様化を示す好例であると言えると思います。

結び

この原稿の執筆中に、ICタグに関する新たな記事を読む機会がありました。内容は、米国のあるセキュリティサービス会社が社員の体にICタグを埋め込み、個人認証に使い始めたというものです(2006/02/14、日本経済新聞 朝刊)。ICタグのアプリケーションの多様化が進み、セキュリティに対するニーズを満たすことが可能になるメリットは理解できるものの、プライバシー問題とどのようにバランスをとるのかを個人的には懸念しています。

バックナンバー

2017年08月31日
2017年07月07日
2017年06月19日
2017年05月29日
2017年05月23日
2017年04月05日
2017年02月24日
2016年11月25日
2016年09月01日
2016年03月07日
2016年03月01日
2015年04月22日
2015年03月12日
2015年01月28日
2014年09月03日
2014年09月03日
2014年05月21日
2014年02月19日
2013年11月14日
2013年10月03日
2013年09月19日
2013年08月21日
2013年07月09日
2013年07月09日
2013年02月26日
2013年02月25日
2013年02月25日
2013年02月07日
2012年11月19日
2012年10月10日
2012年10月10日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年08月23日
2012年08月02日
2012年07月10日
2012年05月31日
2012年03月30日
2012年03月29日
2012年02月24日
2012年02月03日
2011年12月14日
2011年11月30日
2011年10月27日
2011年10月11日
2011年09月30日
2011年09月02日
2011年08月03日
2011年05月20日
2011年03月31日
2011年02月21日
2011年01月07日
2010年09月29日
2010年09月27日
2010年08月24日
2010年03月29日
2010年03月05日
2010年03月04日
2009年12月01日
2009年10月23日
2009年08月20日
2009年08月06日
2009年06月23日
2009年06月23日
2009年06月22日
2009年06月01日
2009年05月28日
2009年05月27日
2009年02月13日
2009年02月05日
2009年01月23日
2008年11月07日
2008年10月28日
2008年10月28日
2008年10月21日
2008年10月09日
2008年09月09日
2008年08月05日
2008年06月25日
2008年05月14日
2008年05月13日
2008年03月18日
2008年03月03日
2008年02月27日
2007年12月17日
2007年12月03日
2007年11月27日
2007年10月29日
2007年08月01日
2007年07月17日
2007年07月02日
2007年06月15日
2007年06月01日
2007年05月16日
2007年05月07日
2007年04月18日
2007年04月04日
2007年03月19日
2007年03月01日
2007年02月21日
2007年02月05日
2007年01月18日
2007年01月04日
2006年12月12日
2006年12月01日
2006年11月14日
2006年11月01日
2006年10月18日
2006年10月02日
2006年09月15日
2006年09月01日
2006年08月24日
2006年08月01日
2006年07月04日
2006年06月27日
2006年06月05日
2006年05月23日
2006年04月10日