ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

キーワード

「旬」なキーワードについての研究員解説

京都議定書

所属部署:マネジメント・イノベーショングループ
氏名:佐藤 尚彦

京都議定書とは

国際的に広がりを見せる環境問題の中で最もホットな話題が、温室効果ガスの削減を目的とした京都議定書です。京都議定書は、地球温暖化防止の具体的施策を決定し、世界各国の役割と責任を明確化することを目的に、1997年12月に京都で開催されたCOP3(気候変動枠組条約第3回締約国会議)において採択されました。京都議定書は、1992年の国連環境開発会議で世界155カ国が署名、1994年に発効した気候変動枠組条約の運用規定書であり、条約締約国が担う役割と責任を明記しています。その後、米国の離脱などの紆余曲折はありましたが、ロシアの批准を経て、2005年2月に発効しました。

京都議定書の温室効果ガス削減の仕組み

京都議定書には、気候変動の安定化のために規制的措置、自主的措置、経済的措置の三つの措置が講じられています。第一の規制的措置は先進国に課せられた法的拘束力のある数値目標です。日本などの先進国には、1990年比で温室効果ガスの削減目標が定められています。但し、気候変動枠組条約は国際条約であり、国内法のような法規制による罰則を特定の国家に与える力は付与されていません。その代わり、京都議定書の運用を担う国連のCOP/MOP会議が、各国の取り組みを監視し、条約を遵守しない国家に対しては必要に応じた要請を出すことで実質的な拘束力を発揮することになっています。第二は途上国に課せられた自主的措置です。自主的措置とは、自主的に温室効果ガスの削減に取り組むことを国際社会に約束することを意味します。第三は経済的措置といわれる、市場原理を導入した京都メカニズムです。

京都議定書における市場原理を活用した温室効果ガス削減方法

京都メカニズムは、対策実施による温室効果ガスの削減効果を経済的価値に置き換えることを認めており、コストとして受け取られがちな環境保全に経済的インセンティブを持たせた先進的な手法だといえます。京都メカニズムを活用した温室効果ガスの削減実施した場合、その対価としてクレジットと呼ばれる排出削減量証明が主体者である先進国に発行されます。クレジットは、先進国が自国の削減目標達成のために活用したり、市場を通じて通貨に交換することができます。最近新聞等でよく見かけるCDM(クリーン開発メカニズム)は、京都メカニズムのスキームを活用した温室効果ガスの削減方法の一つです。

京都議定書に代表される気候変動問題の重要性

「ロンドンに対するテロ攻撃」「気候変動」「アフリカと開発」「世界経済、石油及び貿易」「地域情勢及び不拡散」。ここに挙げた5つの項目は、2005年7月に開催されたG8サミット(主要国首脳会議)の議長総括で採りあげられた項目です。京都議定書に代表される気候変動問題は、今や経済問題、政治問題と並ぶ国際的に解決すべき問題に位置付けられています。また、気候変動問題は、企業にとっても経営課題として取り組むべき問題であることは周知の事実ですが、先進的企業にとっては事業戦略上、重要な検討課題になっています。

バックナンバー

2017年08月31日
2017年07月07日
2017年06月19日
2017年05月29日
2017年05月23日
2017年04月05日
2017年02月24日
2016年11月25日
2016年09月01日
2016年03月07日
2016年03月01日
2015年04月22日
2015年03月12日
2015年01月28日
2014年09月03日
2014年09月03日
2014年05月21日
2014年02月19日
2013年11月14日
2013年10月03日
2013年09月19日
2013年08月21日
2013年07月09日
2013年07月09日
2013年02月26日
2013年02月25日
2013年02月25日
2013年02月07日
2012年11月19日
2012年10月10日
2012年10月10日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年08月23日
2012年08月02日
2012年07月10日
2012年05月31日
2012年03月30日
2012年03月29日
2012年02月24日
2012年02月03日
2011年12月14日
2011年11月30日
2011年10月27日
2011年10月11日
2011年09月30日
2011年09月02日
2011年08月03日
2011年05月20日
2011年03月31日
2011年02月21日
2011年01月07日
2010年09月29日
2010年09月27日
2010年08月24日
2010年03月29日
2010年03月05日
2010年03月04日
2009年12月01日
2009年10月23日
2009年08月20日
2009年08月06日
2009年06月23日
2009年06月23日
2009年06月22日
2009年06月01日
2009年05月28日
2009年05月27日
2009年02月13日
2009年02月05日
2009年01月23日
2008年11月07日
2008年10月28日
2008年10月28日
2008年10月21日
2008年10月09日
2008年09月09日
2008年08月05日
2008年06月25日
2008年05月14日
2008年05月13日
2008年03月18日
2008年03月03日
2008年02月27日
2007年12月17日
2007年12月03日
2007年11月27日
2007年10月29日
2007年08月01日
2007年07月17日
2007年07月02日
2007年06月15日
2007年06月01日
2007年05月16日
2007年05月07日
2007年04月18日
2007年04月04日
2007年03月19日
2007年03月01日
2007年02月21日
2007年02月05日
2007年01月18日
2007年01月04日
2006年12月12日
2006年12月01日
2006年11月14日
2006年11月01日
2006年10月18日
2006年10月02日
2006年09月15日
2006年09月01日
2006年08月24日
2006年08月01日
2006年07月04日
2006年06月27日
2006年06月05日
2006年05月23日
2006年04月10日