ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

キーワード

「旬」なキーワードについての研究員解説

環境マネジメント

所属部署:アジア・ビジネスグループ
氏名:松本 力也

環境マネジメントとは

環境マネジメントとは、企業がマネジメントの対象として環境リスクや生物多様性の劣化という自然環境の不確実性をとらえることによって、それを企業利益の増大に役立てるマネジメントプロセスのこととされています(鈴木、2006)*。環境マネジメントという概念は、今でこそよく見聞することができます。しかしその歴史は古く、わが国では公害対策・環境対策が社会問題となっていた1977年に、横浜国立大学の鈴木邦雄教授(現在)が環境管理学の講座を担当したのが最初と言われています。1970年代当時の自然環境は、公害対策や環境対策のように、汚染や被害をいかに食い止めるかという「対策」が中心でした。それにもかかわらず鈴木教授は、自然環境の劣化という不確実な部分に関して、対策を立てるだけではなく「管理=マネジメント」することが重要と説いていました。

環境マネジメントの「マネジメントプロセス」

環境マネジメントは、4つのプロセスから成っています。そのプロセスは、(1)対象となる自然環境の知見・情報を収集し、(2)評価し、それを基に(3)企業経営の到達目標を設定し、(4)実現のための戦略を立案する、ことです。そしてこのプロセスには、次の四つの特徴があります。第1のポイントは、枠組の設定です。対象となる地域・地点の生態系や自然環境に関する価値を評価し、企業経営の中で保全・利用の基準を決定することです。第2のポイントは、設定した枠組みを維持するための保護・保全あるいは枠組みを超えない範囲内での利用計画を設計することです。第3のポイントは利用計画の推進です。そして第4のポイントは、枠組みが守られているか、計画通りに自然環境が維持されているかを企業が持続的にチェックし、修正を施すことです。
このようなマネジメントプロセスには、予防的側面と治療的側面とがあります。予防的側面には、リターナブル瓶や簡易包装の利用、オンデマンド生産の推進といった環境リスクの軽減があります。これに対して治療的側面には、環境汚染や環境劣化に関する修復、再生、代替を行うことがあります。そしてこれら二つの側面からは、企業が予防と治療の両側面から費用と効果を検討する必要があります。企業には収益性という制約があり、また消費者にとっては利便性や快適性も重要な影響要因となります。つまり環境マネジメントのマネジメントプロセスは企業ごとにケース・バイ・ケースとなるため、その導入には企業の収益性と消費者の利便性・快適性との間で、一定のバランス感覚が必要となります。

環境マネジメントの意義と今後の展望

マネジメントの対象として自然環境をとらえることは、今日では特に新しいことではありません。しかし企業は、環境リスクや生物多様性の劣化という自然環境の不確実性をマネジメントの対象としてとらえ、それを企業利益の増大に役立てるようになってきました。ここに環境マネジメントが今日の企業経営に投げかける意義があるといえます。すなわち個々の企業はどのように環境マネジメントのマネジメントプロセスをつないでいくことができるのか。このマネジメントプロセスのつなぎ方にこそ、環境問題を理解・解決する手掛かりがあるのではないでしょうか。

* 鈴木邦雄(2006)『マネジメントの生態学−生態文化・環境回復・環境経営・資源循環−』共立出版

バックナンバー

2017年08月31日
2017年07月07日
2017年06月19日
2017年05月29日
2017年05月23日
2017年04月05日
2017年02月24日
2016年11月25日
2016年09月01日
2016年03月07日
2016年03月01日
2015年04月22日
2015年03月12日
2015年01月28日
2014年09月03日
2014年09月03日
2014年05月21日
2014年02月19日
2013年11月14日
2013年10月03日
2013年09月19日
2013年08月21日
2013年07月09日
2013年07月09日
2013年02月26日
2013年02月25日
2013年02月25日
2013年02月07日
2012年11月19日
2012年10月10日
2012年10月10日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年08月23日
2012年08月02日
2012年07月10日
2012年05月31日
2012年03月30日
2012年03月29日
2012年02月24日
2012年02月03日
2011年12月14日
2011年11月30日
2011年10月27日
2011年10月11日
2011年09月30日
2011年09月02日
2011年08月03日
2011年05月20日
2011年03月31日
2011年02月21日
2011年01月07日
2010年09月29日
2010年09月27日
2010年08月24日
2010年03月29日
2010年03月05日
2010年03月04日
2009年12月01日
2009年10月23日
2009年08月20日
2009年08月06日
2009年06月23日
2009年06月23日
2009年06月22日
2009年06月01日
2009年05月28日
2009年05月27日
2009年02月13日
2009年02月05日
2009年01月23日
2008年11月07日
2008年10月28日
2008年10月28日
2008年10月21日
2008年10月09日
2008年09月09日
2008年08月05日
2008年06月25日
2008年05月14日
2008年05月13日
2008年03月18日
2008年03月03日
2008年02月27日
2007年12月17日
2007年12月03日
2007年11月27日
2007年10月29日
2007年08月01日
2007年07月17日
2007年07月02日
2007年06月15日
2007年06月01日
2007年05月16日
2007年05月07日
2007年04月18日
2007年04月04日
2007年03月19日
2007年03月01日
2007年02月21日
2007年02月05日
2007年01月18日
2007年01月04日
2006年12月12日
2006年12月01日
2006年11月14日
2006年11月01日
2006年10月18日
2006年10月02日
2006年09月15日
2006年09月01日
2006年08月24日
2006年08月01日
2006年07月04日
2006年06月27日
2006年06月05日
2006年05月23日
2006年04月10日