ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

キーワード

「旬」なキーワードについての研究員解説

Megacity(メガシティ)

所属部署:技術戦略グループ
氏名:坂本 真理

Megacityとは?

国連の定義によると、Megacity(メガシティ)とは、1,000万人以上の人口が居住する都市を意味します。表1のように、現在(2005年時点)世界には20のメガシティがありますが、1975年には東京とニューヨーク、メキシコシティの3都市だけでしたので、30年で新たに17のメガシティが登場したことになります。

表1 1975年、2005年、2015年のメガシティ一覧
単位:百万人
資料:国連資料より日立総研作成
1975年 2005年 2015年(予測)
1 日本・東京(26.6) 日本・東京(35.2) 日本・東京(35.5)
2 米国・ニューヨーク(15.9) メキシコ・メキシコシティ(19.4) インド・ムンバイ(21.9)
3 メキシコ・メキシコシティ(10.7) 米国・ニューヨーク(18.7) メキシコ・メキシコシティ(21.6)
4 ブラジル・サンパウロ(18.3) ブラジル・サンパウロ(20.5)
5 インド・ムンバイ(18.2) 米国・ニューヨーク(19.9)
6 インド・デリー(15.0) インド・デリー(18.6)
7 中国・上海(14.5) 中国・上海(17.2)
8 インド・コルカタ(14.3) インド・コルカタ(17.0)
9 インドネシア・ジャカルタ(13.2) バングラディッシュ・ダッカ(16.8)
10 アルゼンチン・ブエノスアイレス(12.6) インドネシア・ジャカルタ(16.8)
11 バングラディッシュ・ダッカ(12.4) ナイジェリア・ラゴス(16.1)
12 米国・ロサンゼルス(12.3) パキスタン・カラチ(15.2)
13 パキスタン・カラチ(11.6) アルゼンチン・ブエノスアイレス(13.4)
14 ブラジル・リオデジャネイロ(11.5) エジプト・カイロ(13.1)
15 日本・大阪・神戸(11.3) 米国・ロサンゼルス(13.1)
16 エジプト・カイロ(11.1) フィリピン・マニラ(12.9)
17 ナイジェリア・ラゴス(10.9) 中国・北京(12.9)
18 中国・北京(10.7) ブラジル・リオデジャネイロ(12.8)
19 フィリピン・マニラ(10.7) 日本・大阪・神戸(11.3)
20 ロシア・モスクワ(10.7) トルコ・イスタンブール(11.2)
21 ロシア・モスクワ(11.0)
22 中国・広州(10.4)
    * 括弧内は人口規模

さまざま都市問題の顕在化

発展途上国の急速な都市化については、(1)自然環境の破壊、(2)人口密度に対して未整備な社会インフラ(交通、上下水道など)による生活の質の低下、(3)経済成長を上回るスピードでの都市人口の増加による貧困層の拡大とスラムの形成などの悪影響が懸念されています。とりわけ大気汚染は重大な問題となっており、1995年における主要都市の大気中の浮遊粒子状物質(SPM)濃度が、東京が49?g/m?、ニューヨークが61?g/m?であるのに対し、北京が377?g/m?、デリーが415?g/m?と、WHOが設定する90?g/m?以下という基準を数倍も上回っているという世界銀行の報告もあります。都市化が今後も進むことを前提とした上で、経済成長と都市問題の解決とをバランスさせて、持続可能な都市の発展を実現することが、大きな課題となっています。

魅力的な都市の創造に向けて

一方で都市化のもたらすものが悪影響ばかりではなく、人・物・金・情報の集中によって経済・社会活動が活発化し、都市とその周辺地域の成長をけん引していることも事実です。前述の国連の報告書でも、「都市への人口集中は、一般的に都市中心部への最もダイナミックな経済活動の集中を意味する。このような集中は規模の経済を実現し、さまざまな社会経済の便益(例えば発展を持続するための技術の進展など)をもたらす可能性がある」と述べられています。また企業の視点から見ると、環境破壊の抑制や社会インフラ整備関連のビジネスチャンスが広がる可能性があります。既に欧米勢を中心に積極的な市場参入を進めている企業も見られます。事業化にあたっては、法制度の違いやカントリーリスクなどのトータルリスクマネジメントに加えて、その都市の問題解決につながる(個別の製品・サービスだけではない)総合的なソリューション提供が求められ、これらを実現する事業体制の整備が重要になると考えられます。

バックナンバー

2017年08月31日
2017年07月07日
2017年06月19日
2017年05月29日
2017年05月23日
2017年04月05日
2017年02月24日
2016年11月25日
2016年09月01日
2016年03月07日
2016年03月01日
2015年04月22日
2015年03月12日
2015年01月28日
2014年09月03日
2014年09月03日
2014年05月21日
2014年02月19日
2013年11月14日
2013年10月03日
2013年09月19日
2013年08月21日
2013年07月09日
2013年07月09日
2013年02月26日
2013年02月25日
2013年02月25日
2013年02月07日
2012年11月19日
2012年10月10日
2012年10月10日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年08月23日
2012年08月02日
2012年07月10日
2012年05月31日
2012年03月30日
2012年03月29日
2012年02月24日
2012年02月03日
2011年12月14日
2011年11月30日
2011年10月27日
2011年10月11日
2011年09月30日
2011年09月02日
2011年08月03日
2011年05月20日
2011年03月31日
2011年02月21日
2011年01月07日
2010年09月29日
2010年09月27日
2010年08月24日
2010年03月29日
2010年03月05日
2010年03月04日
2009年12月01日
2009年10月23日
2009年08月20日
2009年08月06日
2009年06月23日
2009年06月23日
2009年06月22日
2009年06月01日
2009年05月28日
2009年05月27日
2009年02月13日
2009年02月05日
2009年01月23日
2008年11月07日
2008年10月28日
2008年10月28日
2008年10月21日
2008年10月09日
2008年09月09日
2008年08月05日
2008年06月25日
2008年05月14日
2008年05月13日
2008年03月18日
2008年03月03日
2008年02月27日
2007年12月17日
2007年12月03日
2007年11月27日
2007年10月29日
2007年08月01日
2007年07月17日
2007年07月02日
2007年06月15日
2007年06月01日
2007年05月16日
2007年05月07日
2007年04月18日
2007年04月04日
2007年03月19日
2007年03月01日
2007年02月21日
2007年02月05日
2007年01月18日
2007年01月04日
2006年12月12日
2006年12月01日
2006年11月14日
2006年11月01日
2006年10月18日
2006年10月02日
2006年09月15日
2006年09月01日
2006年08月24日
2006年08月01日
2006年07月04日
2006年06月27日
2006年06月05日
2006年05月23日
2006年04月10日