ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

キーワード

「旬」なキーワードについての研究員解説

JCI(Joint Commission International)

研究第三部 社会・生活グループ
氏名:竹内 乃布依

JCI(Joint Commission International)とは

JCIとは、米国で医療機関およびヘルスケアプログラムの認証を行っているJC(Joint Commission)の国際部門として1994年に設立された、病院機能評価機構です。認証だけでなく、コンサルティングや教育も行っており、評価の対象は、病院、介護、在宅診療、研究機関など多岐にわたります。主な認証の基準は「患者、そして医療スタッフの安全」、「患者目線でのケア」、「患者やその家族の権利尊重」、「医療施設の管理」などで、調査項目は1,000項目以上にも及びます。また、認証を継続させるためには3年に1度の再受審が必要であり、質の維持や向上が求められます。 この認証は米国以外の医療機関が受審することができ、世界では54カ国・地域、558施設が認証を受けています(2013年6月現在)。そのため世界的に認知されており、海外で医療行為を受ける際の病院選択基準になっています。アジア各国ではタイ、韓国、インドなどの医療施設が認証を受けており、海外からの患者を受け入れる医療ツーリズムが盛んです。一方、日本で認証されている医療機関は老人保健施設1つを含む7施設にとどまっています(2013年6月現在)。

海外でのJCI認証取得動向

JCI認証数が最も多い国はアラブ首長国連邦、続いてサウジアラビアとなっており、GCC(Gulf Cooperation Council、湾岸協力会議)諸国6カ国で、全認証数の約24%となっています。以下ブラジル、タイ、トルコ、韓国、中国、インドと続きます。日本を含むアジア(13カ国・地域)の取得数は約34%を占めており、地域別では最も認証数が多くなっています。なお、認証取得病院数が最も多いのがサウジアラビア、医療研究機関ではアラブ首長国連邦、CCPC(Clinical Care Program Certification、疾患別認証)ではタイとなっており(2013年6月現在)、国ごとに特徴がうかがえます。 アジア各国では、JCI認証を取得することが、海外の患者を誘致する上で有利になると考えられます。中東地域では、近年の人口増加や高齢化により医療の需要が増えています。また両地域ともに、富裕層の増加により、高度な医療環境を求めて渡航する人が増えています。JCI認証を取得することで、このような富裕層の海外流出を防ぎ、さらに近隣諸国からの患者を誘致する狙いがあると考えられています。

JCI認証取得により日本で期待されること

日本にも独自の「病院機能評価」があり、2012年からは厚生労働省で「外国人患者受け入れ医療機関認証制度」の申請が開始されましたが、どちらも世界的な認知度は、高くはありません。JCI認証を取得することで、日本の医療が国際基準であることを証明し、日本への関心を高め、医療ツーリズムの活性化につながると期待されます。
認証基準の一つである「患者との効果的なコミュニケーション」には、表記の多言語化や通訳の充実化が求められます。今後長期間滞在する外国人は増える見込みであり、JCI認証によって、外国人による日本の医療機関へのアクセスが容易となり、暮らしやすさにもつながると考えられます。 また、国内でJCI認証を取得した病院の中には、海外からの患者の受け入れは考えていないが、医療の質の国際基準化と病院改革のために取得したというところもあります。JCI認証という厳しい審査により、体質の改善や質の向上、効率化が期待できます。

誰もが気兼ねなく受診できる環境を整えることは、訪日外国人の増加を目指すに当たっても必要不可欠であり、その一つの方法が世界的に認知されたJCI認証取得であると考えられます。医療機関の国際化によって国内外での情報共有を図る利便性や必要性が生まれ、ITなどの産業がより発達する可能性があります。また、患者のみならず海外の医療従事者も日本の医療機関に出入りしやすくなることで、職員の派遣や交換研修などが盛んとなり、医療技術や個々の能力の向上、ひいては訪日外国人の増加も図られる可能性があります。JCI認証は、医療機関だけでなく、社会や産業のグローバル化、発展にも大きな刺激を与えるきっかけとなり得ると考えられます。

バックナンバー

2017年08月31日
2017年07月07日
2017年06月19日
2017年05月29日
2017年05月23日
2017年04月05日
2017年02月24日
2016年11月25日
2016年09月01日
2016年03月07日
2016年03月01日
2015年04月22日
2015年03月12日
2015年01月28日
2014年09月03日
2014年09月03日
2014年05月21日
2014年02月19日
2013年11月14日
2013年10月03日
2013年09月19日
2013年08月21日
2013年07月09日
2013年07月09日
2013年02月26日
2013年02月25日
2013年02月25日
2013年02月07日
2012年11月19日
2012年10月10日
2012年10月10日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年08月23日
2012年08月02日
2012年07月10日
2012年05月31日
2012年03月30日
2012年03月29日
2012年02月24日
2012年02月03日
2011年12月14日
2011年11月30日
2011年10月27日
2011年10月11日
2011年09月30日
2011年09月02日
2011年08月03日
2011年05月20日
2011年03月31日
2011年02月21日
2011年01月07日
2010年09月29日
2010年09月27日
2010年08月24日
2010年03月29日
2010年03月05日
2010年03月04日
2009年12月01日
2009年10月23日
2009年08月20日
2009年08月06日
2009年06月23日
2009年06月23日
2009年06月22日
2009年06月01日
2009年05月28日
2009年05月27日
2009年02月13日
2009年02月05日
2009年01月23日
2008年11月07日
2008年10月28日
2008年10月28日
2008年10月21日
2008年10月09日
2008年09月09日
2008年08月05日
2008年06月25日
2008年05月14日
2008年05月13日
2008年03月18日
2008年03月03日
2008年02月27日
2007年12月17日
2007年12月03日
2007年11月27日
2007年10月29日
2007年08月01日
2007年07月17日
2007年07月02日
2007年06月15日
2007年06月01日
2007年05月16日
2007年05月07日
2007年04月18日
2007年04月04日
2007年03月19日
2007年03月01日
2007年02月21日
2007年02月05日
2007年01月18日
2007年01月04日
2006年12月12日
2006年12月01日
2006年11月14日
2006年11月01日
2006年10月18日
2006年10月02日
2006年09月15日
2006年09月01日
2006年08月24日
2006年08月01日
2006年07月04日
2006年06月27日
2006年06月05日
2006年05月23日
2006年04月10日