ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

キーワード

「旬」なキーワードについての研究員解説

The Zeronauts

研究第四部 インドグループ
氏名:Latika Lakhani

要約:

ゼロノーツ(Zeronauts)とは、英国人実業家ジョン・エルキントン氏が、その著作「ゼロの時代 (The Zeronauts)」で提唱したコンセプトで、「富を築きつつ、環境、社会、経済への負の影響をゼロにすべく尽力する企業・事業者」を指す。同氏は企業の社会的責任(CSR)で極めて著名な研究者で、これまでもCSRに関する数々のコンセプトを提唱し、日本を含む先進国の経営幹部に多大な影響を与えている。本コンセプトは人口増加、資源不足、環境破壊など人類が将来的に直面する課題に対応するために、企業が進めるべき行動とは何かを示しており、企業活動の方向性を検討する上で重要な考え方の一つである。

About “The Zeronauts”

“The Zeronauts” implies a new breed of innovators who are working to drive major global problems such as carbon, waste, toxics, and poverty to zero. It is used for individual inventor, innovator, entrepreneur, intrapreneur1, investor, manager or educator as well as the institutions, organizations and corporations who are driving significant changes in this area.

The term is also used for someone who finds, investigates, and develops breakthrough, footprint-shrinking solutions for the growing tensions between demography, consumerist lifestyles, and sustainability; and Political leader or policymaker who helps to create the regulatory frameworks and incentives needed to drive related “1-Earth” solutions to scale. The concept was introduced by John Elkington, world’s renowned evangelist for corporate responsibility and sustainable development.

The concept of Zeronauts emphasises the role of sustainability in the business including optimization of financial resources, human resources and natural resources and maintaining a balance between financial returns, benefits to the current generation and future generation.

Scarcity of Resources is Driving Innovation beyond Sustainability

Given the limited natural resources for fulfilling global needs of water, energy and health, and fast pacing globalization, the innovation is evolving from basic products and solutions in 1900s to sustainable, green and ecological solutions in 2020.

The Zero targets in current business scenario imply efforts to reduce carbon emissions, defects in production and waste to zero. However, Zeronauts assert that current capitalism has certain areas of improvement which are extensions of pioneering Japanese concepts of total quality management. Apart from the continuous improvement, there is scope of transformational change in mindsets, behaviours, cultures, economic formulae, business models, and technologies.

Scarcity of resources along with increasing urbanization is the leading trend in global economy. The decade to 2020 is termed as “Detox Decade” which includes innovation at 5Cs (Citizens, Corporations, Cities, Countries, and Civilizations). Although few innovations breakdown (don’t lead to successful results) or are incremental changes, innovations by Zeronauts work towards breakthrough/major changes.


Source: UN Conference on Sustainable Development, the Zeronauts

Zeronauts are Identifying and Exploring New Opportunity Areas for Innovative Companies in Energy and Infrastructure Domain

Zeronauts are identifying challenges that matter to future generations and exploring business models in five major areas: Pollution, Poverty, Population growth, Pandemics and Proliferation. Majorly NGOs, academic/research institutes and government organizations are working towards poverty, population growth and proliferation goals. Pollution including energy efficient is the relevant agenda for corporations. Examples of leading Zeronauts are:

  • Waste-to-Zero: John Bradburn, Waste Manager at General Motors (GM), initiated participation the Gulf Oil spill clean-up where it recycled used oil booms for use in its manufacturing of volts. Zero waste is a key target of many organizations whereby they reuse the waste in-house, sell it to other companies, or use it in waste to energy plants.
  • Non Renewable Energy-to-Zero: Morton Albaek, Vestas (world’s largest wind power producer) created an alliance “WindMade” with the Lego Group, UN Global Impact, PricewaterhouseCoopers (PwC) and Global Wind Energy Council (GWEC) to develop and promote wind energy based products. They are pioneering in exploring and deploying wind energy for consumer products such as wind-made car, undershirts and cell phones.
  • Carbon Emission-to-Zero: Richard Branson, Chairman of Virgin Group, founded Carbon War Room to harness the power of entrepreneurs to unlock market-driven solutions to climate change. One of their major focuses is a technology development in shipping - replacing heavy sulphurous bunker fuel by LNG or biofuels to reduce fuel cost and emission. Their efforts were supported by International Maritime Organization estimates that shipping industry can reduce initial 25% CO2 emission profitably and go up to 75% reduction.
  • Corruption-to-Zero: The drive towards zero has applicability in all the possible areas including zero corruption. Siemens were charged fine of USD 449 million for making questionable payments of around USD 1.4 billion during 2001-07. They started “Zero Corruption” pursuit and sacked almost 50 top executives in 2010. Despite this, they managed to increase sales and register the highest order book in that year, according to Peter Loesocher, Chief Executive Officer.


Source: UN Global Impact, Survey of 64 companies from 10 core industries and 25 sectors
that define industrial production such as oil & gas, electricity conducted by Deloitte in 2012

United Nations defines development stages of Zeronauts by “5E Model of Innovation” (Figure 2). Currently, most companies are at the experiment and enterprise stage and are working to make a bigger impact in the ecosystem/value chain and economy. This implies that Zeronauts will gain significance as an economic trend as its level of adoption evolves from premature to mature.

The Zeronauts and Modern Global Economy

Zeronautics is an evolving discipline of conceiving, designing, engineering and operating technologies, business models, value chains and economies that are not destructive rather they are actively restorative. Zeronauts proposes to leverage the power of game changing ideas that are relevant for future business scenario. Thus, various new disciplines such as green chemistry, natural capitalism, cradle to cradle design and biomimicry are evolving and the related markets such as Net zero buildings market (USD 1.3 trillion by 2035) will offer huge potential.

However, it is important to determine the readiness of the companies through measuring “Future quotient” and drive towards zero leads to overall increase in efficiency of the business operations. Thus, it won’t be an exaggeration if we expect to see “Chief Zero Officers” (CZOs) who are targeting to reducing waste, carbon emission, and defects to zero strategically as well as operationally.

.Note: 1 Intrapreneur is a person within a large corporation who takes direct responsibility for turning an idea into a profitable finished product through assertive risk-taking and innovation. Coined in the 1980s by management consultant Gifford Pinchot, innovative companies uses and promotes such people in the organization.

バックナンバー

2017年08月31日
2017年07月07日
2017年06月19日
2017年05月29日
2017年05月23日
2017年04月05日
2017年02月24日
2016年11月25日
2016年09月01日
2016年03月07日
2016年03月01日
2015年04月22日
2015年03月12日
2015年01月28日
2014年09月03日
2014年09月03日
2014年05月21日
2014年02月19日
2013年11月14日
2013年10月03日
2013年09月19日
2013年08月21日
2013年07月09日
2013年07月09日
2013年02月26日
2013年02月25日
2013年02月25日
2013年02月07日
2012年11月19日
2012年10月10日
2012年10月10日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年10月03日
2012年08月23日
2012年08月02日
2012年07月10日
2012年05月31日
2012年03月30日
2012年03月29日
2012年02月24日
2012年02月03日
2011年12月14日
2011年11月30日
2011年10月27日
2011年10月11日
2011年09月30日
2011年09月02日
2011年08月03日
2011年05月20日
2011年03月31日
2011年02月21日
2011年01月07日
2010年09月29日
2010年09月27日
2010年08月24日
2010年03月29日
2010年03月05日
2010年03月04日
2009年12月01日
2009年10月23日
2009年08月20日
2009年08月06日
2009年06月23日
2009年06月23日
2009年06月22日
2009年06月01日
2009年05月28日
2009年05月27日
2009年02月13日
2009年02月05日
2009年01月23日
2008年11月07日
2008年10月28日
2008年10月28日
2008年10月21日
2008年10月09日
2008年09月09日
2008年08月05日
2008年06月25日
2008年05月14日
2008年05月13日
2008年03月18日
2008年03月03日
2008年02月27日
2007年12月17日
2007年12月03日
2007年11月27日
2007年10月29日
2007年08月01日
2007年07月17日
2007年07月02日
2007年06月15日
2007年06月01日
2007年05月16日
2007年05月07日
2007年04月18日
2007年04月04日
2007年03月19日
2007年03月01日
2007年02月21日
2007年02月05日
2007年01月18日
2007年01月04日
2006年12月12日
2006年12月01日
2006年11月14日
2006年11月01日
2006年10月18日
2006年10月02日
2006年09月15日
2006年09月01日
2006年08月24日
2006年08月01日
2006年07月04日
2006年06月27日
2006年06月05日
2006年05月23日
2006年04月10日