ページの本文へ

Hitachi

メニュー

株式会社日立総合計画研究所

経済予測

日本・米国・欧州・中国など、世界の主要国・地域の最新経済予測

【短期経済予測】20年はけん引役不在の回復(2019年12月16日)

1.世界:減速要因(製造業下降、米中摩擦、新興国失速)が弱まり、20年は緩やかな回復

 19年世界経済は2.9%成長と、リーマンショック時09年(▲0.1%)以来の好不況の境界3%割れ。IT、自動車の循環的下降局面、米中貿易摩擦、中国など新興国内需の減速が主因。新興国では、インドが銀行の不良債権問題や排ガス規制により失速、トルコ、イラン、アルゼンチン、香港などの政治的混乱も加わり、新興国全体で3.8%と09年以来の4%割れ。
 20年世界は3.3%、21年3.4%と回復。減速要因だったIT、自動車などの循環は19年後半に底打ち。米中貿易摩擦は19年12月予定だった米国追加関税の実施延期など改善方向。中国内需は当局が景気刺激を続けることで徐々に回復。インドでも景気対策の効果が広がる。新興国は20年4.5%、21年4.6%と4%台へ回復。ただ、IT、自動車などの回復ペースは鈍く、米中間の技術や投資を巡る摩擦は長期化。回復ペースは鈍い。

2.米国:20年は潜在成長率1.8%へ減速も、消費中心の成長

 供給制約により、19年2.2%成長から20年1.8%、21年1.7%と減速。20年は大統領選挙の年であり、共和党と民主党の対立から、減税やインフラ投資などの財政出動は難しいが、失業率が低い完全雇用状態が続く。金融政策では、FRBは19年10月3度目の利下げ後FF金利(上限)を1.75%で維持。米中暫定合意第1弾成立により、12月から実施が予定されていた対中依存度が高い消費財を多く含む1,600億ドル分への制裁関税は回避。設備投資が下げ止まり、良好な雇用所得環境を背景に個人消費は堅調。

3.欧州:ユーロ圏は低迷、Brexit移行期間は20年末から延長

 ユーロ圏は、19年、20年とも1.2%、21年1.3%と潜在成長率1%台半ばを下回る成長が続く。20年、ドイツでは輸出減から低迷していた製造業生産がやや持ち直しも、自動車や化学の調整には時間を要し回復ペースは鈍い。一方、ドイツに比べ輸出依存が低いフランスでは消費主導で成長維持。イタリアでは同盟の政権離脱により当面金融危機リスク低下。
 英国は、19、20、21年1.3%横ばいと、潜在成長率はかつての2%程度から1%台前半へ低下。19年12月総選挙保守党勝利で、20年1月末にEU離脱、移行期間入り。EUとのFTA交渉は移行期間期限の20年末までに完結しないが、移行期間延長により混乱回避。

4.中国:景気刺激策追加により6%台成長を維持

 中国は、19年6.2%から20年6.0%、21年5.9%と減速続く。減税、手数料低減を中心としたこれまでの景気刺激策の効果もあり、急減速は回避。19年11月に製造業PMIは7カ月振りに50超に回復するなど製造業に底打ちの兆し。20年実質GDPを10年比で倍増する計画を達成するためには、6%前後の成長維持が必要で、当局は景気対策を追加する見通し。地方債発行の加速・前倒し、中央・地方の税収配分の見直しなどで地方政府の財源確保、インフラ投資促進。基準金利の見直しなどで企業の資金調達を支援。製造業設備投資は引続き低水準だが、そのなかでもハイテク産業は投資拡大。消費では5Gサービス開始に伴うスマホ販売が拡大。自動車販売も20年にプラス成長に転じる見通し。

5.日本:19年度下期景気後退後、経済対策に支えられ20年度は回復

 19年度下期は、消費税率引き上げの影響に、台風19号などの被害も加わり景気後退も、中国向け輸出の底打ちを背景に電子部品・デバイスなどの生産に持ち直しの兆し。災害対策を中心とした真水で3兆円規模の経済対策により、20年7-9月期から回復加速。年度成長率では19年度0.9%から20年度0.2%と減速も、四半期では19年度下期2四半期連続マイナス成長後、20年4-6月期以降は政府投資に支えられプラス成長。景気後退でデフレギャップに逆戻り、21年度末までデフレギャップが続き、インフレ圧力は高まらない。

世界経済の見通し(実質GDP成長率)

世界経済の見通し
注:暦年ベースのため、日本の値は下表の年度ベースと異なる
ASEAN5はインドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム
資料:IMF、予測は日立総研

日本経済の見通し

日本経済の見通し
注:消費者物価指数(コア)は増税分を除く
資料:内閣府ほか、予測は日立総研

バックナンバー

2020年06月16日
2020年03月05日
2019年12月16日
2019年09月20日
2019年06月18日
2019年02月27日
2018年12月13日
2018年09月13日
2018年06月07日
2018年02月28日
2017年12月11日
2017年09月13日
2017年06月07日
2017年03月02日
2016年12月16日
2016年08月31日
2016年06月30日
2016年06月06日
2016年03月01日
2015年12月11日
2015年09月02日
2015年05月29日
2015年03月06日
2014年12月18日
2014年09月08日
2014年06月04日
2014年02月25日
2013年12月06日
2013年09月05日
2013年06月06日
2013年03月05日
2012年12月11日
2012年09月05日
2012年06月12日
2012年03月02日
2011年12月16日
2011年09月05日
2011年06月10日
2011年03月07日
2010年12月20日
2010年09月01日
2010年06月01日
2010年03月02日
2009年12月22日
2009年09月01日
2009年06月05日
2009年03月06日
2008年12月19日
2008年10月31日
2008年06月02日
2008年03月03日
2007年12月17日
2007年12月12日
2007年11月12日